COLUMNコラム

コラム記事

ホームページ制作の流れとポイントについて

記事作成日:2019/05/29

記事を書いた人
シードアシスト

シードアシスト

さぁホームページを作ろう!リニューアルしようと思ったときに、どういった流れで制作が進んでいくのかなかなかイメージができないという方も多いのではないでしょうか。
今回は改めて、ホームページ制作に掛かる工数や進行の段取りをご紹介していきます。
また、各工程におけるクライアント側の対応のポイントもお伝えしていきますので、実際にホームページ制作を行う際には是非とも実践して頂ければと思います!

打ち合わせ

まずは、どういったホームページを作りたいのか制作会社がヒアリングを行います。
自社の強みであったり、打ち出したいポイント等を伝えていくと良いでしょう。
リニューアルの場合であれば、現状課題に感じていることや、今後こうしていきたいといった展望を伝えていきましょう。
ここでのヒアリング内容を基に、制作会社はクライアントへの提案内容を考えていきます。

要件定義

クライアントの要望に対して、どういったホームページを制作していくのかを設計していきます。
コンセプトや方向性等も決めていきます。
ここでの内容はその後の作業にも大きく影響してくるので、しっかりと話し合いながら進めていきましょう。
後から変更することが難しい場合や追加料金が掛かってくることもあるので、この段階でしっかりと内容を固めておきましょう。

デザインの制作

要件が固まれば、ホームページの見た目の部分にあたるデザインの制作が始まります。
どんな色でどんな写真が入るのか等、実際に目に見える形で確認することができます。
要件定義の段階で完成イメージに近いホームページを制作会社に提示しておくと、スムーズに進んでいきます。
まだこの段階では、動きの部分等は確認できません。

コーディング(構築)作業

デザインが確定すれば、コーディング(構築)作業に入っていきます。
ホームページはHTMLと呼ばれるコードで生成されていて、実際にそのコードを書いていく作業です。
この段階で動きの部分や、機能的な部分等を確認することができます。
PC・スマートフォンでの表示もしっかりと確認しておきましょう。

本アップ

コーディング(構築)作業が完了すれば、いよいよ本アップです。
ホームページ公開となります。

まとめ

さらに細かく切り分けると他にも様々な工程があるのですが、今回はおおまかな部分のみをご紹介させて頂きました。
クライアント側も本業がある中で、色々な準備や確認に追われたりと大変なことも多いです。
全体的なポイントとしては、制作会社の担当者としっかりとコミュニケーションを取りながら進めていくことが非常に重要です。

その他の記事はこちら

CONTACT
お問合わせ

WEBで気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。

06-6354-7077

営業時間 平日9:30~18:30


お問合わせフォームはこちら