COLUMNコラム

コラム記事

サブドメインについて

記事作成日:2018/09/07

記事を書いた人
曽根 翔平

曽根 翔平

こんにちは。
ついに今月、弊社のWEBサイトの全面リニューアルが完了致しました!

 

全部で4サイトございます。

 

■コーポレートサイト
https://www.seedassist.co.jp/

 

■映像制作サービスサイト
https://movie.seedassist.co.jp/

 

■音声制作サービスサイト
https://sound.seedassist.co.jp/

 

■WEB制作サービスサイト
https://web.seedassist.co.jp/

 

 

ここで皆さま、お気づきでしょうか?
そうです!各サービスサイトはサブドメインで構築されているのです!

 

今回はこのサブドメインについて、ご説明していきたいと思います。

サブドメインとは

冒頭でご紹介したサイトのように区分けしたドメインのことです。
映像制作サービスサイトを例にすると、下記の赤文字部分がサブドメインに当たります。
https://movie.seedassist.co.jp/

どういうときに使うのか

今回の弊社のケースのようにサービス毎の切り分けや用途や目的によって切り分けることが多いです。
身近なところでは、Yahoo!がサブドメインを採用しています。

 

■Yahoo!JAPAN
https://www.yahoo.co.jp/

 

■Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/

 

■Yahoo!ショッピング
https://shopping.yahoo.co.jp/

 

■ヤフオク!
https://auctions.yahoo.co.jp/

サブディレクトリとの違い

よくサブドメインと比較されるサブディレクトリですが、こちらは全くの別物です。
形としては、下記のようなものです。
https://seedassist.co.jp/movie/

 

ニュアンスとしては、サブドメインは親戚でサブディレクトリは子供といったところでしょうか。

 

サブドメインとの使い分け方としては、サイト毎のテーマが同じであればサブディレクトリを採用するようにすると良いでしょう。

弊社がサブドメインを採用した経緯

弊社のクリエイティブ事業部では、映像制作・音声制作・WEB制作の3つのサービスを展開しており、今回のリニューアルではそれぞれ独立したサイトを作り、より専門性を高めていこうという考えのもとサブドメインを採用致しました。
各サービス毎にブランディングを図っていく狙いです。

 

また、サブドメイン採用のメリットの1つとしてコスト面のことが挙げられます。
新たに3サイト別ドメインで取得すると、その分追加で取得費や管理費が掛かってきます。
サブドメインの場合は1つのドメインを分割して使う形になるので、コストを抑えることができます。

まとめ

まだまだリニューアルしたばかりで、これから各サイト様々な改善点も出てくることでしょう。
集客ができるサイト運営を目指して、頑張っていきたいと思います。

 

お問い合わせお待ちしております!

その他の記事はこちら

CONTACT
お問合わせ

WEBで気になる事など、まずはお気軽にご相談ください。

06-6354-7077

営業時間 平日9:30~18:30


お問合わせフォームはこちら